DATABASE
DATABASE
Check updated information about occupy movement around the world.
Report INITIATIVES and information about your local situation as well as IDEAS and PROJECTS.
Register in order to RECEIVE ALERTS of events related to your locality and FEEDBACKS from your reports.
Translators needed!!!
TRANSLATORS DESPERATELY NEEDED
Contact us if you can translate into MANDARIN, ARABIC,FARSI,JAVANESE,PANJABI,URDU,FRANCAIS,TELUGU, VIETNAMESE,ESPANOL,RUSSIAN,PORTUGUES, ENGLISH (if not existing), JAPANESE, SWAHILI, HAUSA, AMHARIC, YORUBA, KURDISH,LINGALA, AFRIKAANS or any other language!!

How to build constructive assemblies

Introduction
This  text is a synthesis of documents of methodology we analysed but it is also inspired by  our experience built along the assemblies we collaborated from Barcelona to Brussels, passing by Lisbon or Athens.
We  made the observation that most of the time the assemblies are very long  and not really productive, with a lake of participation and sometime  becoming really anti-democratic, at the end the people see them heavy,  bit attractive and pain to come back.
Some problems are more recurrent:
• Debating too much time of the same point
• Creation of bands and personal rivalries with a lake of trust
• Vote under pressure with a lake of understanding
• Entrance in polemics who require more assemblies
• Problem of access and circulation of the information
In  this page we will detail the basic knowledges to acquire to prevent the  problems, resolve the conflicts and develop constructive assemblies.
1 Preparation of the meeting
It is important to reach the meeting with preconceived ideas on the issues  to be addressed. But preparing the issues not only consist to ensure  that attendees aware of issues to be treated, but that this knowledge is contrasted as possible to encourage that decisions taken will be  successful.
1.1 Prior Work
 • Prepare background documents and send them to participants thinking to  translate complicated informations to a language understood by everyone
 • Organize consultations and interviews with experts in the topics
 • Make working groups prior to the meeting to discuss the problems and alternatives with more time
1.2 Agenda
The  call will be made well in advance, including the agenda, and everyone  should be clear when will be the meeting, which points will be treated,  in what order and what tasks are necessary to do before the meeting.
 •  Ideally, at each point on the agenda for each issue specifying its  objective and the procedure to be used, along with the estimated time of  duration. Sometime it’s useful to divide in groups if in a same topic  different solutions are needed for each aspect.
 •  It must be open to including other proposed topics: one option is  always an end point to spend “several”, another is to open a small  window of time at first to be proposed topics for inclusion in the  agenda and then decide whether you can tackle that day or be passed to  the next meeting.
 • Start with something  easy to fix, continue with the more difficult issues, extensive or  important, and end up with something simple and short.
•  In the call itself has to record the start time and the scheduled  completion, not to be exceeded over assumable error margins,  approximately 2 hours.
2 Types of meetings
 There  are various types of meetings according to the objectives, though  usually in a same meeting there may be several of these objectives, what  it would be divided into different phases, each with a different type  with a specific technique. Here we will focus only the most important.
2.1 Brainstorming meetings
The  goal is to find ideas or new solutions to a problem, so the purpose of  the meeting must be clearly defined and will be real and open (there is  no single solution). If the problem is complex, you have to break it  down into simple elements.
Prohibits  censorship and self-censorship, the critical assessment of ideas will be  made later,  under the formula of discussion meeting, possibly after a  break, to  emphasize that we are in a different phase.
 •  A person can act as moderator, with a list of suggestions and  stimulating questions to intervene if others do not, another possibility  is that the debate arising from the comments of a document, book,  films, etc… related to the topic and that everyone knows.
 •  Another person writes down the ideas that emerge trying to be as  faithful as possible to the original statement. It accepts everything,  do not reject anything, however absurd it may seem.
 •  Each person writes down the ideas that occur to him, both those that  occur to him directly, such as those arising by association, after  hearing the ideas of others, raises his hand and presents only one at a  time in his turn. State ideas quickly and clearly, without explanation  or reasoning.
2.2 Discussion meetings
The  goal is to deepen in the analysis of the different positions, their  benefits and disadvantages and to highlight the arguments that support  them.
a) If what we want is not to reach  agreements, but to promote the production and contrasting arguments, we  use the dynamics of confrontation:
 1. Formation of groups: opinion poll (5-10 min.)
 2. Production of arguments within each group (20 min.)
 3. Talk in mixed groups, with representatives from each group of opinion trying to know the arguments of the other (20 min.)
 4. Back to the original group to produce the sophisticated and final arguments (20 min.)
 5. Discussion among the spokesmen of the groups (20 min.)
b) If we want to encourage the exchange of views, we use a orderly discussion dynamics:
 •  Emphasize common ground.
 •   Very important figure of the moderator, who must provide a climate of  cordial discussion and not a space of coercion, arguments of authority  and all dialectical strategies that put people to the defence (see item  “Personal Attitudes during the assembly”)
 •   Active listening attitude of other attendees, listening and  understanding the positions of others, making  the exercise of put  themselves in place of the other.
 •  Do  not confuse our perception of reality with reality itself, taking our  own view as subjective and keeping open the possibility that we are  wrong.
2.3 Decision-making meetings
The  goal is to reach a consensual decision taken collectively, trying to  integrate the views of all the members in an agreement that is  satisfactory and effective. Reaching consensus will bring us several  advantages: it avoids conflict, better decisions, integration of the   group to avoid a game of winners (mostly) and losers (the minority), and  encourages the involvement of all the collective in the tasks derived  from the decision.
Only in case of failing to reach a consensual agreement can be valid to submit the decision to a vote.
 •  The first step is to define well what is the question on which has to  make a decision. It is assumed that there is already information on the  situation and the different alternatives and arguments for and against  each. We presume that there is agreement on the structure of the  process.
 • It is advisable to make a  decision that involves the work of the people, make a preliminary survey  on the individual availability to undertake this work. It is also  important to share how the issue affects the feelings of each.
 •  The creative participation of everyone is essential. This is the time  that leaders and experts can be more  harmful to provoke the passivity  of others if they don’t act in the collective process. Efforts should be  made to incorporate the views of all and it’s advisable to work in  small groups and have someone writing the synthesis in which we all go.
 •  Set out all ideas trying to adjust, integrate, combine … to achieve  one or more proposals worked and achievable. If at the end there are  several proposals to choose it is necessary to make a first proof of the  degree of agreement they raise. There are four levels of  Agree/Disagree:
1. “I agree with all or almost all”
2. “I don’t think it’s the best option, but it’s acceptable”
3. “I do not object, but I do not feel concerned by the decision”
4. “I object to you bear it out.” In this case there is a veto.
Only  a veto can block the consensus and requires to start again or to quit.  Rather than vote, take a hasty decision or abandon, it is always best to  start over in the postponing which will leave a time for reflection.
If we can not reach a consensus or do not have the time required for this, we can opt for the vote.
This  process can also be complicated and is susceptible to manipulation  (intended or not) so it is necessary to follow a clear procedure:
 • Consider what kind of majority is required (more than half, 2/3, etc …)
 •  Clarify very well what are the alternatives to be voted, taking care  the wording of them. Avoid linking proposals with the people who defend  them.
 • As far as possible reduce the  number of options which are voted. The criteria for cover or reduce  statements must have the group agreement.
 • Make it clear what is the procedure to be followed. Any doubt should be resolved before voting.
 • Making votes count carefully and reflect it, if possible, in some support to the view of everybody.
 •  Normally votes can not be repeated, and the results take on the  character of irrevocable decision from the time the votes are counted.  But personally we think that it is always best to leave the door open to  any revocation of a decision taken by vote with more time and reasoned  requests.
3 The roles
3.1 The moderation
It  will be the person who pay the most attention to the technical and  organizational elements and remind it to the group who has to reach the  goals set in a limited time.
He also have to take a proactive role by suggesting questions, methods, etc …
He must have a constant intervention on the form and not the content.
Moderate  is not leading or directing, but being responsible for helping the  group to meet its objectives. A person who has much interest in the  issues raised will have difficulty to moderate.
 •  At the beginning of the meeting invite the people who advocate an  approach to expose it, then those who advocate the opposite approach.
 •  Encourage each and everyone to express their views, asking to speak for  themselves and where it refers someone to state it explicitly.
 • Cleanly break the repeated discussions between two individuals, the monopolization of speech and the repetition of arguments.
 • Find areas of agreement, list them and return them to the group. Synthesize.
 • He can also divide tasks delegated to another person (i.e. speech turn) which is always subject to what the moderator says.
 • Be aware of time left and let it know to others. If there is little, limit the interventions.
3.2 Taking minutes
The  main reasons for taking minutes are: Honour commitments, know and  remember the issues raised and assume old decisions to make new ones.
The  secretary will be democratically elected for this role. It should not  be doing simultaneously other functions such as moderate. You can also  leave the door open to the rotation.
It may  take only minutes of the decisions taken, while represent commitments  to be assumed and legitimate actions to be carried out by the members.  Care should be taken in writing to be faithful to the decision and not  be misinterpreted. You can also indicate the degree of agreement  recording the number of votes if there was no consensus. The minutes can  collect more data: the order of the day, alternatives and arguments  presented, the names of people defending these or other positions,  incidents, etc…
The record books should  be available to all members of the group to consult at all times. For  safety it is also advisable to make copies and store them in a different  place than the original.
4 Personal attitudes during the assembly
Assemblies  are a collective act, not a gathering of friends. That is, we must  strive to have a proper attitude, avoiding a passive attitude such as  going to be the star of the meeting. And be aware that the assembly is  to
 solve a common issue, not to solve our issues or personal grudges.
 In  order to this it’s useful to know some of the attitudes occurring more  frequently in the assemblies, both positive and negative and try to make  an effort to have the first and avoid the second.
4.1 Positive attitudes
 • Moving from our positions. Admit mistakes and change views bringing them closer to those of other people.
 • Exhibiting at the right time what are the unwritten rules and procedures to be followed by the group.
 •  Ask to speak to the people less involved, giving the turn when  estimating that is more interesting to listen to others and attending to  the speaker.
 • Mediating the conflicts using humour and relaxation, highlighting the points in which we agree.
 •  Encourage input from the others expressing our agreement or, in the  opposite case, encouraging people to explain better or deepen on the  idea.
 • Proposing new procedures and ideas in times of blockage.
 • Express the views talking in person. Do not use the plural to express what you think.
4.2 Negative attitudes
 • Generalize (“all    …. you are ….”)
 • Embark on eternal theorizations and extra explanations .
 • Overtones (tantrums, “Well then I leave everything and will never come back”, “or you are with me or against me “)
 • Apathy.
 • Assign to another person own feelings or attitudes.
• Loss of contact with reality, identifying our opinions or desires (or those of other/s person/s) with reality itself.
 •  Symbolic violence: use the collective mode to impose particular ideas  of a person, concealing relevant issues, teasing, interrupt, not letting  talk, etc…
 • Strengthen the authority of those who speaks through referring it to a higher authority but indisputable (science, law …)
 •  Use of contradictions and paradoxes to impose on the alternative people  witch always lose (“you’re either in or you’re out”, “Accept it or go”,  “be spontaneous”, “command you to not obey me “…)
 • Use the secret, keeping information.
Documents about assemblies and consensus building
Metodología para hacer que las asambleas y reuniones sean eficaces, participativas y hasta agradables.
Del libro “Asambleas y Reuniones. Metodologías de Auto-organización”
Ana Rosa Lorenzo Vila – Miguel Martínez López
About author
We are just like you, citizens of the world fed up with the critical situation and we believe a real change can be achieved through the coordination of non violent actions and self-managed alternatives around the world. There must be a better way of dealing with the survival and enjoyment of our life, we believe in consensus and in non-hierarchical organization. We believe that another world is possible, where nobody has to die of hunger while others throw food away. We don’t have flags and we fight the borders crossing them. We try to be in the best place at the good moment, from Brussels to Lisbon, from Madrid to Athens, reporting but also acting. We come from activist groups, hacking platforms or post capitalist projects and we participated a lot in the Spanish revolution since the beginning. We leave our respective assemblies for this international project of global coordination but we keep in touch, sending back information and visiting regularly. We are open to integrate new people to our project or to help the creation of new teams. More information about our way to work in the protocol.
7 total comments on this postSubmit yours
  1. Im impressed, I should say. Pretty rarely do I come across a weblog thats both informative and entertaining, and let me let you know, youve hit the nail on the head. Your weblog is significant; the concern is one thing that not adequate people today are talking intelligently about. Im genuinely pleased that I stumbled across this in my search for some thing relating to this concern.

  2. Hey there, You have done a great job. I’ll certainly digg it and personally recommend to my friends. I am sure they’ll be benefited from this site.

  3. Very interesting to read your articles. Only the parties can not view in google chrome. Fix it.

  4. I know this article is already translated in some languages but WHERE is there a link or something to go to translated versions?
    May be it’s obvious and I’m kind of dumbass but if I wonder how to reach it, maybe lots of people have the same question… That would be to bad…
    Thank you in advance.

  5. どうやって建設的な集会をつくるか

    序論:

    このテキストは私達が分析した方法論の統合ではあるが、リスボンやアテネを通りバルセロナやブリュッセルでの集会の共同作業していく上でインスピレーション(刺激)を受けた部分も多くある。 私達は集会がとても長くて非生産的であることを観察し、また時として非民主的であるのを目撃した。最後の方になると人々は困難を感じ、少し魅力的にも思われたが、また帰ってくるには辛いものとして捉えた。

    いくつかの問題は頻繁に起こる:

    同じ論点について討論するのに時間を掛けすぎる
    信頼の欠如から固まりや個人的な敵を作る
    理解がないままプレッシャーにより投票する
    十分な準備抜きで討論に入る
    情報の伝達とその入手・利用の問題
    このページではこの様な問題を未然に防ぎ、対立を解くことによって建設的な集会を発展させる為の基本的な知識を述べる。

    1.ミーティングの準備

    話される問題に対して予め考えつくアイデアを持って会合をすることは重要です。しかし参加者が取り扱わなければならない問題だと認識するものだけで構成するのではなく、その後の決定の真の成功を促すためにも、この知識(予めある知識)が挑戦されるべきである。

    1.1 前準備

    背景資料を用意し、参加者に送る。この時複雑な情報を誰もが理解できるような言語に翻訳すること。
    各項目について専門家と面接、相談する。
    会合の前に時間をかけて問題点や代替案などを話し合う作業グループをつくる。
    1.2 議題

    会合の招集は時間に余裕を持ってなされます。各自が議題や焦点や順序やその他の会合前に必要な仕事は全て洗い出しておきましょう。

    理想的には、議題の各ポイントの目的と手順をおおよその掛かる時間とともに示す。同事項の異なる側面に対して、それぞれの解決法が欲しい時はグループを分割することが有益である。
    議題は他に提案された題目を含む余地がなければならない:選択肢としては「複数」に費やす回をつくる。または最初に短い時間枠を設定し提案された題目について考慮してみて、この問題をその日中に取り組めるか、それとも次の会合に送る方がよいのか精査するなどがある。
    最初に解決しやすいものから始め、徐々に難解、広範囲、重要な問題へと移って行き、最終的には明瞭で簡潔なものにまとめる。
    招集は予定の開始時間と完了時間を記録し、誤りの許容範囲を超えないようにする。長さはおよそ二時間とする。
    2. 会合の種類

    目的に沿ったそれぞれの会合の種類があります。これは同じ会合内でもそれぞれ異なる目的があり、段階別にされ、また合った手法で扱われる。ここでは最重要と思われるものだけに焦点をあてる。

    2.1 ブレインストーミング会合

    ここでの目標は問題に対するアイデアや新しい解決法を見つけることであるので、会合の目的は明確に定義され真で開かれていなければならない(唯一の解決法というものはない)。問題が複雑ならば単純な要素に分解しなければなりません。

    検閲や自己検閲は禁止する。アイデアに対する批評的な評価は、後に議論会合の原則の下で、または休憩の後に、私達が違う段階にいるということを強調するために実施されます。

    司会役となる者は他の参加者が干渉しない場合に備え、刺激となるような質問や提案などの一覧を持っておく。その他としては皆が知っている文書、本、映画等から議題に関連させて議論するということがある。
    会合中に誕生するアイデアを記録する人は元の発言に忠実でなければならない。どんなに馬鹿げていても、拒否せず受け入れることだ。
    各自湧いてきたアイデアを書き留める。連想などから彼自身に起こったことや、他人のアイデアを聞いて、自分の順番が回ってきたら挙手し一度に一つについて発言する。アイデアは手短に説明や根拠抜きで述べる。
    2.2 議論会合

    ここでの目標は異なる立場とその有利・不利についての分析を深め、主張を裏付け目立たせることです。

    a)もし私達が求めるものが賛同を得られないばかりか、反対意見や騒ぎを促進させるとすれば、

    私達は衝突の力学を使用する:

    1. グループの作成:意見投票(5-10分)

    2. 各グループ内での議論の提示(20分)

    3. それぞれの意見者が混合されたグループ内で話し合う。各グループからの代表者が他人の主張を理解する(20分)

    4. 各自グループに戻り、洗練された最終版の主張を提示する(20分)

    5. グループの代弁者による討論(20分)

    b) もし見解の交換を促し、規則正しい議論の力学を使用したいと思うならば

    共通基盤を強調する :

    司会者の重要な役割とは、抑圧や権威的・弁証法的な戦略で人々を守りに押し込めることではなく、議論を育む誠意ある環境をつくること。(「集会中の個人の態度」欄を参照)
    他の参加者を積極的に聞く、相手の立場を聞いて理解する、他者の立場に自分を置いてみる訓練をする。
    自分の現実感と現実それ自体を混同させないこと。私達の視点を主観的と見なし、私達が間違っている可能性をいつでも開いておく。
    2.3 意思決定の会合

    ここでの目標は総合された合意の上で決定に到達することです。全参加者の視点を加味して、その決定が納得が行くもので、効果的なものだという意見の一致があること。合意に到達する事による利点がいくつかあります:対立の回避、より良い決定、勝者(多勢)/敗者(少数)というゲームの構図の回避、そして決定から生まれた作業により関与した共同体を促進することです。

    意見の合意賛成に至らなかった時のみ、決定を投票に委ねることが出来る。

    最初の一歩は決定されなければならない事項とは何なのかという定義から始まる。これは状況に対して既に情報があり、代替案や議論がそれぞれになされているという前提の上である。プロセスの構成には意見の一致があると仮定する。
    人々の働きを通して決定する。予備段階でこの働きに個人の有用性を調査しておく。またこの問題がどのように各自の感情に影響するかも共有する。
    独創的な一人一人の参加がきわめて重要である。個人が共同過程に参加しない場合、リーダーや専門家の存在から引き起こされるその他の人々の受け身というものはとても有害である。全員の視座を組み入れて小さいグループで動き、私達が進める統合意見を誰かに書いてもらうという努力をすべきである。
    全てのアイデアを発表する為に調整し、組み入れ、一体化させる…ひとつかそれ以上の取りかかっており達成出来る提案に到達するためである。もし最後になっていくつかの提案を選択しなければならない時、全員の合意の度合いの証拠作りは必須である。
    4つのレベルの賛成/反対:

    1.「私は全て、またはほぼ全てに対して賛成です」

    2. 「私はそれが最善策だとは思わないが、容認できる」

    3. 「反対はしないが、決定に対して不安に思っている」

    4.「あなたの証明に対して反対します」ーこの場合拒否権行使がある。

    拒否権行使のみが合意を妨げることができ、もう一度プロセスを最初からやり直すか、または中止するか求められる。投票、拙速な決定や断念よりはいつでも延期しつつ最初からやり直すようにすると熟考の時間も出来て最善策である。合意に至らない場合や費やせるだけの時間がない場合は投票という形を選ぶことになる。

    この過程は複雑で不正操作の影響を受けやすくなる(意図の有無に関わらず)ので、次の明快な手順を踏む必要性が出てくる。

    どういった種類の大多数が必要とされているのか考慮する(過半数か、2/3なのか、等)
    言葉遣いを慎重にし、投票の為の代替案とは何なのかを明らかにする。その提案とそれを擁護する人々とを結びつけるのは避ける。
    可能な限り投票される項目を減らす。主張を援護したり、減らしたりする判断の尺度はグループでの合意の上で設定されるべきである。
    何が従うべき手順なのか明白にすること。投票の前にいかなる不明瞭さも解決されているべきである。
    開票は、可能であれば全員が見えるように注意深く行う。
    投票は通常繰り返すことはできず一旦開票されると取り消し不可の性格である。しかし個人的に私達は、時間とともに理にかなった要望が出てきた時に、投票によるいかなる決定の取り消しも視野に入れた可能性を残しておく事が最善だと考えている。
    3. 役割

    3.1 司会

    主に組織と技術的領域に着目し、グループが決められた時間枠の中で目標に到達することに注意する。質問や手順を出すなど意欲的な役割を担います。

    内容ではなく、形式への不断の調停(干渉)である。

    司会とは指導や監督ではなく、グループが目的に適うように助ける責任を持つ役割のことです。挙げられた問題に対して関心が有りすぎる場合は司会役は難しくなるでしょう。

    会合の始めに問題を発表し、擁護する取り上げ方をしている人を招き、次に反対のやり方の人々を招く。
    全員に考えを表すように促し、自身の為にそれを述べる事、また関係する人に率直に述べてもらうように励ます。
    個人2人の間で繰り返される議論はスピーチの独占や議論の反復を判断しきちんと止めさせる。
    賛成の範囲を探してリスト化しグループへ戻す。総合せよ。
    他の人に課された役務(スピーチの順番など)を振り分ける事が出来る。
    残り時間に気をつけ、そのことを知らせる。残時間が少ない場合は干渉を抑える。
    3.2 議事録をとる

    議事録をとることの主たる理由は:参加に敬意を払い、議題となった問題、また旧意思決定が新しいものを作り出すのだということを知り、その積み重ねを思い出す為です。書記はこの役割の為に民主的に選出され、選出されると司会など他の役割と同時にこなすことはできません。またこの役割を交替制にするなどの可能性を残しておきましょう。

    想定される責任や参加者達に正当に遂行されることを示すのは議事録だけかもしれません。

    記録では、決定を正確に忠実に記述し誤った解釈がなされないように気をつける。合意がなかった場合は得票数を記録し合意の度合いの指標とする。議事録はデータ収集に役立つので、議事規則、代替案と述べられた議論、これらを擁護する人々や別の立場の人々の名前、出来事、などを書き留める。

    議事録は全メンバーが常時利用でき、参考にすることができるようにしなければならない。安全策として複製を作成し、原本とは別の場所に保管しておくことをお勧めします。

    4. 集会中の個人の態度について

    集会とは集団的行為であって、友達の集まりではありません。会議でのスターになろうなどという消極的な態度を避けるなどの適切な態度に努力しなければなりません。また集会とは共通の問題を解決するものであり、個人的な問題や私怨を晴らすためにあるのではありません。

    この為に、実際に集会でよく起こる正と負の態度を知り、前者となり後者を避けるように努力することは有益でしょう。

    4.1 正の態度(積極的)

    固執せず自分の立場から移動してみる。間違いを認め、視界を変えるとの人々に近づくことができます。
    適切な時を見計らって、グループが従うべき不文律や手順は何かを明白にする。
    他の人を聞き、より面白くなるであろうと思われる場合にスピーカーになる番を与えて、積極的ではない人々にこそ話してもらうようにする。
    ユーモアと気晴らしを交え、意見が一致している部分を強調しながら対立を調停する。
    他の人への賛成意見または反対意見などを積極的に提供してもらい、参加者に考えを深めてもらい、またうまく説明できるようにしてもらう。
    煮詰まった時には新しい手順やアイデアを提供する。
    見解を示す時には複数形を使用せず、個人として自分の考えを述べる。
    4.2 負の態度(否定的)

    一般化する(「あなたたち…みんなは…。」)
    無限の理論化、過度の説明の詰め込み。
    含み(「それなら私はもう二度と戻らないぞ!」、「私に賛成・反対どっちなの!?」といった癇癪。)
    無気力。
    自分の感情や態度を別の人に負わせる。
    現実との接触をなくす。現実(または他(達)・人(達)のそれから)を私達の意見や欲望と同一視してしまう。
    象徴的な暴力:共同体の状態を利用して特定の個人のアイデアを押し付けたり、関連した問題を隠したり、いじめたり、邪魔をしたり、話をさせなかったり、など。
    権威がより高く、疑う余地がない(科学、法律…)と思われるものを参照して話す人々の権力を強化
    矛盾や逆説を使用(「入るのか、入らないのかどちら一つだ」、「受け入れるか、去るか」、「自発的になれ」、「私に従わないように命じる」…。)
    情報を個人的に保持し、秘密にする。

  6. Japanese Translation:

    どうやって建設的な集会をつくるか

    序論:

    このテキストは私達が分析した方法論の統合ではあるが、リスボンやアテネを通りバルセロナやブリュッセルでの集会の共同作業していく上でインスピレーション(刺激)を受けた部分も多くある。 私達は集会がとても長くて非生産的であることを観察し、また時として非民主的であるのを目撃した。最後の方になると人々は困難を感じ、少し魅力的にも思われたが、また帰ってくるには辛いものとして捉えた。

    いくつかの問題は頻繁に起こる:

    同じ論点について討論するのに時間を掛けすぎる
    信頼の欠如から固まりや個人的な敵を作る
    理解がないままプレッシャーにより投票する
    十分な準備抜きで討論に入る
    情報の伝達とその入手・利用の問題
    このページではこの様な問題を未然に防ぎ、対立を解くことによって建設的な集会を発展させる為の基本的な知識を述べる。

    1.ミーティングの準備

    話される問題に対して予め考えつくアイデアを持って会合をすることは重要です。しかし参加者が取り扱わなければならない問題だと認識するものだけで構成するのではなく、その後の決定の真の成功を促すためにも、この知識(予めある知識)が挑戦されるべきである。

    1.1 前準備

    背景資料を用意し、参加者に送る。この時複雑な情報を誰もが理解できるような言語に翻訳すること。
    各項目について専門家と面接、相談する。
    会合の前に時間をかけて問題点や代替案などを話し合う作業グループをつくる。
    1.2 議題

    会合の招集は時間に余裕を持ってなされます。各自が議題や焦点や順序やその他の会合前に必要な仕事は全て洗い出しておきましょう。

    理想的には、議題の各ポイントの目的と手順をおおよその掛かる時間とともに示す。同事項の異なる側面に対して、それぞれの解決法が欲しい時はグループを分割することが有益である。
    議題は他に提案された題目を含む余地がなければならない:選択肢としては「複数」に費やす回をつくる。または最初に短い時間枠を設定し提案された題目について考慮してみて、この問題をその日中に取り組めるか、それとも次の会合に送る方がよいのか精査するなどがある。
    最初に解決しやすいものから始め、徐々に難解、広範囲、重要な問題へと移って行き、最終的には明瞭で簡潔なものにまとめる。
    招集は予定の開始時間と完了時間を記録し、誤りの許容範囲を超えないようにする。長さはおよそ二時間とする。
    2. 会合の種類

    目的に沿ったそれぞれの会合の種類があります。これは同じ会合内でもそれぞれ異なる目的があり、段階別にされ、また合った手法で扱われる。ここでは最重要と思われるものだけに焦点をあてる。

    2.1 ブレインストーミング会合

    ここでの目標は問題に対するアイデアや新しい解決法を見つけることであるので、会合の目的は明確に定義され真で開かれていなければならない(唯一の解決法というものはない)。問題が複雑ならば単純な要素に分解しなければなりません。

    検閲や自己検閲は禁止する。アイデアに対する批評的な評価は、後に議論会合の原則の下で、または休憩の後に、私達が違う段階にいるということを強調するために実施されます。

    司会役となる者は他の参加者が干渉しない場合に備え、刺激となるような質問や提案などの一覧を持っておく。その他としては皆が知っている文書、本、映画等から議題に関連させて議論するということがある。
    会合中に誕生するアイデアを記録する人は元の発言に忠実でなければならない。どんなに馬鹿げていても、拒否せず受け入れることだ。
    各自湧いてきたアイデアを書き留める。連想などから彼自身に起こったことや、他人のアイデアを聞いて、自分の順番が回ってきたら挙手し一度に一つについて発言する。アイデアは手短に説明や根拠抜きで述べる。
    2.2 議論会合

    ここでの目標は異なる立場とその有利・不利についての分析を深め、主張を裏付け目立たせることです。

    a)もし私達が求めるものが賛同を得られないばかりか、反対意見や騒ぎを促進させるとすれば、

    私達は衝突の力学を使用する:

    1. グループの作成:意見投票(5-10分)

    2. 各グループ内での議論の提示(20分)

    3. それぞれの意見者が混合されたグループ内で話し合う。各グループからの代表者が他人の主張を理解する(20分)

    4. 各自グループに戻り、洗練された最終版の主張を提示する(20分)

    5. グループの代弁者による討論(20分)

    b) もし見解の交換を促し、規則正しい議論の力学を使用したいと思うならば

    共通基盤を強調する :

    司会者の重要な役割とは、抑圧や権威的・弁証法的な戦略で人々を守りに押し込めることではなく、議論を育む誠意ある環境をつくること。(「集会中の個人の態度」欄を参照)
    他の参加者を積極的に聞く、相手の立場を聞いて理解する、他者の立場に自分を置いてみる訓練をする。
    自分の現実感と現実それ自体を混同させないこと。私達の視点を主観的と見なし、私達が間違っている可能性をいつでも開いておく。
    2.3 意思決定の会合

    ここでの目標は総合された合意の上で決定に到達することです。全参加者の視点を加味して、その決定が納得が行くもので、効果的なものだという意見の一致があること。合意に到達する事による利点がいくつかあります:対立の回避、より良い決定、勝者(多勢)/敗者(少数)というゲームの構図の回避、そして決定から生まれた作業により関与した共同体を促進することです。

    意見の合意賛成に至らなかった時のみ、決定を投票に委ねることが出来る。

    最初の一歩は決定されなければならない事項とは何なのかという定義から始まる。これは状況に対して既に情報があり、代替案や議論がそれぞれになされているという前提の上である。プロセスの構成には意見の一致があると仮定する。
    人々の働きを通して決定する。予備段階でこの働きに個人の有用性を調査しておく。またこの問題がどのように各自の感情に影響するかも共有する。
    独創的な一人一人の参加がきわめて重要である。個人が共同過程に参加しない場合、リーダーや専門家の存在から引き起こされるその他の人々の受け身というものはとても有害である。全員の視座を組み入れて小さいグループで動き、私達が進める統合意見を誰かに書いてもらうという努力をすべきである。
    全てのアイデアを発表する為に調整し、組み入れ、一体化させる…ひとつかそれ以上の取りかかっており達成出来る提案に到達するためである。もし最後になっていくつかの提案を選択しなければならない時、全員の合意の度合いの証拠作りは必須である。
    4つのレベルの賛成/反対:

    1.「私は全て、またはほぼ全てに対して賛成です」

    2. 「私はそれが最善策だとは思わないが、容認できる」

    3. 「反対はしないが、決定に対して不安に思っている」

    4.「あなたの証明に対して反対します」ーこの場合拒否権行使がある。

    拒否権行使のみが合意を妨げることができ、もう一度プロセスを最初からやり直すか、または中止するか求められる。投票、拙速な決定や断念よりはいつでも延期しつつ最初からやり直すようにすると熟考の時間も出来て最善策である。合意に至らない場合や費やせるだけの時間がない場合は投票という形を選ぶことになる。

    この過程は複雑で不正操作の影響を受けやすくなる(意図の有無に関わらず)ので、次の明快な手順を踏む必要性が出てくる。

    どういった種類の大多数が必要とされているのか考慮する(過半数か、2/3なのか、等)
    言葉遣いを慎重にし、投票の為の代替案とは何なのかを明らかにする。その提案とそれを擁護する人々とを結びつけるのは避ける。
    可能な限り投票される項目を減らす。主張を援護したり、減らしたりする判断の尺度はグループでの合意の上で設定されるべきである。
    何が従うべき手順なのか明白にすること。投票の前にいかなる不明瞭さも解決されているべきである。
    開票は、可能であれば全員が見えるように注意深く行う。
    投票は通常繰り返すことはできず一旦開票されると取り消し不可の性格である。しかし個人的に私達は、時間とともに理にかなった要望が出てきた時に、投票によるいかなる決定の取り消しも視野に入れた可能性を残しておく事が最善だと考えている。
    3. 役割

    3.1 司会

    主に組織と技術的領域に着目し、グループが決められた時間枠の中で目標に到達することに注意する。質問や手順を出すなど意欲的な役割を担います。

    内容ではなく、形式への不断の調停(干渉)である。

    司会とは指導や監督ではなく、グループが目的に適うように助ける責任を持つ役割のことです。挙げられた問題に対して関心が有りすぎる場合は司会役は難しくなるでしょう。

    会合の始めに問題を発表し、擁護する取り上げ方をしている人を招き、次に反対のやり方の人々を招く。
    全員に考えを表すように促し、自身の為にそれを述べる事、また関係する人に率直に述べてもらうように励ます。
    個人2人の間で繰り返される議論はスピーチの独占や議論の反復を判断しきちんと止めさせる。
    賛成の範囲を探してリスト化しグループへ戻す。総合せよ。
    他の人に課された役務(スピーチの順番など)を振り分ける事が出来る。
    残り時間に気をつけ、そのことを知らせる。残時間が少ない場合は干渉を抑える。
    3.2 議事録をとる

    議事録をとることの主たる理由は:参加に敬意を払い、議題となった問題、また旧意思決定が新しいものを作り出すのだということを知り、その積み重ねを思い出す為です。書記はこの役割の為に民主的に選出され、選出されると司会など他の役割と同時にこなすことはできません。またこの役割を交替制にするなどの可能性を残しておきましょう。

    想定される責任や参加者達に正当に遂行されることを示すのは議事録だけかもしれません。

    記録では、決定を正確に忠実に記述し誤った解釈がなされないように気をつける。合意がなかった場合は得票数を記録し合意の度合いの指標とする。議事録はデータ収集に役立つので、議事規則、代替案と述べられた議論、これらを擁護する人々や別の立場の人々の名前、出来事、などを書き留める。

    議事録は全メンバーが常時利用でき、参考にすることができるようにしなければならない。安全策として複製を作成し、原本とは別の場所に保管しておくことをお勧めします。

    4. 集会中の個人の態度について

    集会とは集団的行為であって、友達の集まりではありません。会議でのスターになろうなどという消極的な態度を避けるなどの適切な態度に努力しなければなりません。また集会とは共通の問題を解決するものであり、個人的な問題や私怨を晴らすためにあるのではありません。

    この為に、実際に集会でよく起こる正と負の態度を知り、前者となり後者を避けるように努力することは有益でしょう。

    4.1 正の態度(積極的)

    固執せず自分の立場から移動してみる。間違いを認め、視界を変えるとの人々に近づくことができます。
    適切な時を見計らって、グループが従うべき不文律や手順は何かを明白にする。
    他の人を聞き、より面白くなるであろうと思われる場合にスピーカーになる番を与えて、積極的ではない人々にこそ話してもらうようにする。
    ユーモアと気晴らしを交え、意見が一致している部分を強調しながら対立を調停する。
    他の人への賛成意見または反対意見などを積極的に提供してもらい、参加者に考えを深めてもらい、またうまく説明できるようにしてもらう。
    煮詰まった時には新しい手順やアイデアを提供する。
    見解を示す時には複数形を使用せず、個人として自分の考えを述べる。
    4.2 負の態度(否定的)

    一般化する(「あなたたち…みんなは…。」)
    無限の理論化、過度の説明の詰め込み。
    含み(「それなら私はもう二度と戻らないぞ!」、「私に賛成・反対どっちなの!?」といった癇癪。)
    無気力。
    自分の感情や態度を別の人に負わせる。
    現実との接触をなくす。現実(または他(達)・人(達)のそれから)を私達の意見や欲望と同一視してしまう。
    象徴的な暴力:共同体の状態を利用して特定の個人のアイデアを押し付けたり、関連した問題を隠したり、いじめたり、邪魔をしたり、話をさせなかったり、など。
    権威がより高く、疑う余地がない(科学、法律…)と思われるものを参照して話す人々の権力を強化
    矛盾や逆説を使用(「入るのか、入らないのかどちら一つだ」、「受け入れるか、去るか」、「自発的になれ」、「私に従わないように命じる」…。)
    情報を個人的に保持し、秘密にする。

  7. How to build constructive assemblies | How to camp for a global revolution I was recommended this blog by my cousin. I’m not sure whether this post is written by him as no one else know such detailed about my difficulty. You are wonderful! Thanks! your article about How to build constructive assemblies | How to camp for a global revolutionBest Regards Rolf

Submit your comment

Please enter your name

Your name is required

Please enter a valid email address

An email address is required

Please enter your message

You think some article is too ethnocentric or difficult to grasp for most of world's population? Tell us - or even better: send us a better version! Thank you!
Donate with WePay

Copyleft, 2011. All rights reversed.

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress